レディー

色々な方法があるハチ退治|安全に駆除を行なう方法

依頼する場合は

男性

害獣駆除業者だからと言って、すべての生き物に対応しているとは限らないため、まずはちゃんと駆除できるのかを確認してもらいましょう。初めての場合、間違ったやり方をしていても気がつかないので、一般的な作業の流れを勉強しておくと、トラブルを避けられます。

もっと読む

蜂を倒す道具

蜂

煙を使う道具の注意点

ハチ退治で煙を使う場合には煙幕花火や燻煙器といった道具を用いますが、使用の際は煙の配慮と火災に注意する必要があります。公園など色んな人が出入りする土地で煙によるハチ退治を行う時は、煙を吸い込む被害が出ないように人の出入りを禁じます。一時的に禁じるので、ハチ退治を行う数日前から数週間前までに周辺の住宅やお店にお知らせをすると良いです。次に火災についてですが、煙を発生させるためには火を使うので取扱いに気を付けることが大事です。煙幕花火では生じた煙で巣を包むように使用し、燻煙器は巣の中を燻す方法になります。火災の危険性はどちらもありますが、燻煙器は広々とした場所で使うことが勧められているため、建物などの狭い場所に作られた巣には向かないです。

スプレー式は扱いやすい

煙でハチ退治をする方法は現代でも用いられますが、業者でない人が自力で退治を行う時はスプレー式がおすすめです。使いやすい上に効果もあるスプレーは業者さんも使用していることがあり、誰でも簡単に使えるようになっているので役立つと思います。スプレーを選ぶ時には噴射の飛距離も大事で、できるだけ飛距離が長い方が遠くから噴射できるので初心者の方に向きます。基本的にスプレー式は巣から出てきた蜂を倒す効果があるため、退治は巣の中から蜂が出て来なくなるまで続けます。出て来なくなってもすぐに油断せず、様子を見る時間も大切です。スプレーに当たって下に落ちた蜂は半死状態又は気絶している場合が多いので、落下した蜂は速やかに袋へ入れて完全に亡くなったら捨てるようにします。また、自力で退治する以外にも専門業者へ依頼して退治してもらうという方法もあります。専門業者に依頼することで、被害を出すことなくハチ退治を行なえるのです。現場の状況やハチの巣の大きさによっても作業時間が異なりますが、スピード重視で作業を行なってくれるため1時間ほどの目安で作業が終了します。そのため、その日で安全な生活を送ることができるのです。早く被害を押さえたいのであれば、まずは相談してみるとよいでしょう。

赤いぽつぽつと痒みの原因

男の人と女の人

ノミは犬や猫につくものだと思いがちですが、実際には人間の血も吸血してし痒みを引き起こしてしまいます。ノミ駆除用の市販薬は多く販売されていますが、特にペットがいる家庭や小さい子供がいる場合には使う製品に気を付ける必要があります。

もっと読む

スズメバチは危険な害虫

ハチ

スズメバチは刺されると死亡事故を引き起こすこともあるほどの、大変危険な害虫です。家の近くで巣を見つけた時は駆除が必要です。自力でもできないことはありませんが、安全のためには専門のスズメバチ駆除業者に依頼するのが賢明です。

もっと読む